FC2ブログ

パラシュート - 面白い話 まとめ

パラシュート

高度3000メートル:パラシュートを出そうと紐をひっぱると、弁当箱が飛び出す。
スポンサードリンク

高度2700メートル:パラシュートと思って担いでいたものが弟のリュックサックと判明。

高度2500メートル:一応リュックサックの中を調べる。遠足のしおりを発見し、ようやく事態を飲み込む。

高度2300メートル:リュックの中に弟の携帯を発見。急いでFedEXに電話するが、イタズラ電話はやめろと怒られる。

高度2100メートル:何か役立つものがないか、リュックの中を再度確かめる。かりんとうを発見。弟が意外と渋いと知る。

高度2000メートル:携帯が鳴る。非通知だ。「つーか俺のリュック間違えてんじゃねーよバカアネキ。なんだよこのパラシュートみたいな布。マジ意味不明なんですけど。ガチャ!」弟だった。涙で視界がにじむ。

高度1700メートル:気分を落ち着けるために水筒を開けるが、激しく熱い日本茶が飛び出す。弟が意外と渋いことを思い出す。

高度1200メートル:諦めて遺書を書こうと、筆記用具を探す。しかし筆と硯しか見つからない。いつの時代だ。いや、弟が渋いのを理解した私にとってそんなことはどうでもいい。それよりももっと重大な問題がある。墨が無い。血は争えないものだ。何をするにも詰めが甘いのは自分とよく似ている。

高度1000メートル:再び携帯が鳴る。「サトル君、前から好きでした!ガチャ!」弟も隅に置けないものだ。つうかお嬢さん、弟の名前はサトシだ。

高度 700メートル:ラストおやつ

高度 300メートル:ラストドリンク(日本茶)

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

位置エネルギー

空気抵抗はあるものの、鳥ではないので落下しろっ、たぶん捜索できない洋上だろう…

2019-12-21 21:31 from 錬銚館

トラックバック
Copyright © 面白い話 まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます