FC2ブログ

心霊体験談 - 面白い話 まとめ

心霊体験談

祖父が死んだ時の話。
スポンサードリンク

今まですげぇ可愛がってくれてた祖父が、半年ほど入院して死んだ。90を超えた大往生。
深夜に病院に呼び出されて行ったら、もう結構ヤバイ状態。
お世話になりましたってのが祖父の最期の言葉で、それを聞いた瞬間に色々抑えてた物が壊れ、俺はボロボロ涙を流した。

その時は「泣くのはかっこ悪い」と突っ張ってた時期で、俺はトイレの個室に入った。
電気を点けたり個室のドアを閉めるって気力も無く、薄暗い中、ただただしゃがんで泣いていた。
どんだけ涙を流したことか。
その時にトイレの電気が点いて、誰かが入ってきた。

鼻をすする音にその人は気付き、
「だ・・誰かおるん?」
って個室の俺に声を掛けてきた。
「はい。います。」
って言うつもりが、ガラガラ声で変な低音を醸し出し、

「あ〝い〝え〝ぇ~」

みたいな変な声を出してしまった。
その瞬間、その人は「ぎゃーっ」て叫びながらどっかへ走って行った。

それ以来、病院関係の心霊体験談は話半分に聞いている。

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 面白い話 まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます