FC2ブログ

ここはどこ! - 面白い話 まとめ

ここはどこ!

かれこれ20年以上も前の話だから時効だからもう書いてもいいだろう
これは自分の友人が体験した奇妙な物語です
スポンサードリンク

20年以上前の大雪の夜のことでした
仕事が終わった夜、彼女は自宅のある○○市へ向かう電車を待っていました

大雪のため、大変寒く、プラットホームは真っ白で寒さに震えながら
早く電車が来ないかとイライラしていました

やっと電車が来たので大急ぎで乗り込むと、ホッとして
ついうつらうつらしながら電車に揺られていたそうです

しばらくして外の景色を見た彼女はあることに気付いたのです
夜でもあり、大雪でもあり、はっきりとはわからなかったのですが
いつもと違う景色の中を電車は走っていました


ここはどこ!!??
彼女は頭が真っ白になっていくのを感じました

彼女の仕事はデパート関係なので、すでに夜の9時を回っていました
田舎の路線ゆえ、元の駅に戻っていたのでは、最終の電車ももう
なくなっているかもしれないからです

次の駅に着いた時、彼女は大急ぎで電車を飛び降り駅員に尋ねました

ここはどこ??っていうか・・乗り間違えたんで戻りたいんです!
駅員は彼女の顔をじっと見て言いました

今からだと元の駅に帰る電車はもうありませんよ


駅員はしばらく黙っていましたが、やがて一両の電車を指さして
言ったそうです

・・・あれに・・乗りますか?

彼女は尋ねました
元の駅に・・戻れますか・・?

駅員は答えた
元の駅には戻れないかもしれないが、近くまでは行くはずです

今いる駅はド田舎の小さな駅・・宿も民家も非常に少なく
明日も仕事なのでどうしても帰りたい・・

彼女は決心しました

はい。。乗せて下さい


その電車はホームから1メートルほども離れていた
彼女はホームに落ちないように必死で足を延ばし
その1両の電車に乗り込んだそうです

1両の電車の運転手は冷たい笑顔で彼女を見下ろしていたそうです
そして、大雪の中を1両の電車は走り出しました

・・・元の駅には戻れなかったが、他の駅までたどり着いた彼女は
そこからタクシーに乗って無事、自宅に帰ることができた

そして後日、こう言っていました
『世の中広しと言えども、ラッセル車に乗って帰ったOLは私だけかもしれない』

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トワイライト・ステーション

大雪の夜のこと
彼女は自宅のある○○市へ向かう電車を待っていた

この大雪じゃ電車は出ないね。と駅員は彼女に言いった
歩くのは大変だしなんとか電車を出せませんか?

彼女が言うと
駅員は指さし、あの電車なら出れるかもね。
とつぶやいた。あれで良いです。彼女は飛び乗ると

電車は音もなくすーっと動きだした。
駅員は、ニヤッと笑うと闇に紛れた。

電車のプレートには「地獄行き」と書かれていた。


という小説をオレは読み終えると
見知らぬ土地に電車を乗り越してしまっていた。

ホームに降りると雪が降っている。
駅員がとぼとぼとオレに近づいてきた。

オレは思わず「ストップ!地獄行きはカンベンな!」

2019-07-23 02:40 from -

No title

本題も面白いけどコメントはそれ以上に面白いw

2019-07-23 09:19 from amagami

No title

 なぜ冷たい笑顔だったのだろう? わかりません。

2019-07-23 17:02 from -

トラックバック
Copyright © 面白い話 まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます