FC2ブログ

オナラ - 面白い話 まとめ

オナラ

私が女子高に通う17歳だったある夜のことです。
父はまだ帰宅しておらず、母は入浴中、姉は彼氏と長電話。
スポンサードリンク

そんな中、私はおならがしたくなりました。

腹の具合からすると、ものすごく臭いやつがすかしで出そうです。
その時、ふと思ってしまったのです。

「このおならは、どれくらい臭いのか?」

その疑問にとりつかれた私は台所に行き、ガス台の脇に設置されているガス警報器の前に立ちました。
警報器の電源がONになっている事を確認し・・・パンツを下ろし・・・渾身の一発をすかしました。

「ブーーーーーーーーーーーー!!」

しょぼい機械のくせに、これでもかというほどデカイ音が鳴り響きました。
母は素っ裸で風呂場から走ってきました。
姉は受話器をぶん投げて走ってきました。
私はおしり丸出しで突っ立っていました。

「何なのよ!」
「どうしたのよ!」

叫ぶ姉と母に、
「おならが・・・どれくらい臭いかなあ、と・・・思って・・・」
二人の剣幕にビビった私は、パンツを上げるのも忘れてしどろもどろ。

「バッカじゃないの!」
そう言い残して、事態を把握した二人はそれぞれの場所に戻っていきました。
私はこの事件から15年経った今でも独身です。

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

ターミーカラデーター

私のオナラはどれぐらい臭いのか?
疑問に思った私はガス警報器の前でオナラをしてみた

ブッのつもりがブリッブリッブリッ―ーーッ!!!
オーマイガー!警報器が反応して、けたたましく鳴る音

母が慌てて緊急車両に連絡
姉は奇声を上げて泣きじゃくる
父はビックリしてタバコを落としてカーテンに引火
火柱が一気に天井をなめまわす。「火事だ!!!」
消防車両が出動。カンカンカン「逃げろーーーー」



ハッと気が付くと布団の中
オレは夢を見ていたんだな
しかしこの臭い
掛け布団をどけると敷布団にブリッブリッのシミが

これが本当の身から出た錆でやんすな。

2019-07-15 02:34 from -

No title

独身?好奇心が大きすぎてそれが障害になっているんじゃないかと思いました。

2019-07-15 04:58 from senri32

No title

又レスのコメントの方が超面白い
スレ主頑張れw

2019-07-15 18:28 from 名無し太郎 | Edit

トラックバック
Copyright © 面白い話 まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます